企業内での不倫

同じ勤務先内での不倫は結婚生活を破綻させるだけでなく、勤務先生命をも脅かします。

社内恋愛を推奨している会社でも不倫は御法度です。どちらかに家庭がある場合、双方に家庭がある場合も関係ありません。

そもそも不倫はプライベートな行為。それを理由に会社は表だって処罰を下すことはできないものなのかもしれません。しかし、社内不倫で相手に文句を言うためにご主人や奥さんが勤務先に乗り込んできて修羅場になった場合には、話は別です。この修羅場によって業務が中断、実質的な損害が勤務先に発生すると「業務に支障をきたした」ということで、降格や左遷、出勤停止などの処分が出る場合があるのです。勤務先内で修羅場が起きなくとも、不倫が発覚すれば何かしらの処分が言い渡されるのが世間一般的な結論だと言われています。モラルや道徳的にも許せないと思っている人が多いからなのです。

また勤務先内での不倫において意外にも同僚は気付いている場合が多く、そのため、「不倫している人と一緒に働きたくない」「2人がいちゃいちゃしているので仕事に支障をきたす」更に相手が部下や上司であった場合、「えこひいきをしている」などのクレームが噴出して不倫が発覚してしまう場合もあります。統括する人事部では、不倫を無視することはできません。もし、知らん顔すれば、人事部の公正性が疑われ、勤務先に対しての不満が一気に噴出してしまいかねず、労組問題にも発展しかねません。そこで、企業からの不倫調査の依頼もあるくらいです。そして不倫の事実が確認されると表向きは不倫とは無関係な理由で処分を出すみたいです。

 また、最近では出生競争の足の引っ張り合いの罠だったり、リストラのために、不倫を仕向けられるケースもあると聞きます。

 「不倫は文化」などと言った芸能人もいましたが一般的には結婚生活を破綻させ、勤務先生命をも絶たれる事もあると肝に銘じるべきです。

ページのトップへ戻る